緩和ケア病棟

緩和ケアをご要望の皆様へ

2011年春、当院は緩和ケア病棟「なごみ」の施設基準を取得・開設いたしました。
患者さま本人のみならず、ご家族にも負担の大きいがんでの入院。心なごむ時間をお過ごしいただけるよう、スタッフ一同これまで培った診療内容を更に充実させつつ、取り組んでおります。
ご利用・ご見学等をご希望の方は、当院地域連携室のソーシャルワーカーが承っておりますので、ご遠慮なくお問い合せ下さい。

緩和ケアに関するお問い合せ

お電話でのお問い合せは092-322-3437

緩和ケア病棟なごみは…

緩和ケア病棟『なごみ』は、医師や看護師の他、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、理学・作業療法士などの専門職がチームを組み、患者さまの援助を行って行きます。
がん患者さまが療養に専念できる環境をご提供するだけでなく、がんの進行度合いに関わらず心身の苦痛を和らげ、その人らしい生活を送っていただくことを大切にしたいと考えています。

なごみパンフレット

また、現在配布中のパンフレットを表示・ダウンロードできるようにいたしました。左のサンプル画像をクリックすると、PDF形式で表示されますのでご利用下さい。

Get ADOBE READER

クリックしてもPDFファイルが表示されない場合は、ご利用の端末にAdobe Reader(無料)がインストールされていない可能性があります。Adobe Readerを入手したい場合は、右の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックしてAdobe社のダウンロードサイトをご覧になって下さい。

緩和ケア外来開設のお知らせ

「がん」と診断されたら、手術や化学療法など、がんそのものの治療だけでなく、「がん」に伴うつらさ(痛み)などのつらい症状、こころの問題、療養上の気がかりなことを解決することも大切となります。

井上病院では、がん患者様やご家族をサポートするために、平成25年7月より緩和ケア外来(完全予約制)を開設致しました。

がん医療の初期段階からも広く関わり、抗がん剤医療と並行して緩和ケアを行い、終末期も含めた診療も行っていきます。また、患者様とそのご家族をサポートしていくことも重要な使命と考えております。

担当医師今野 俊和医師
緩和ケア内科 病棟専従医

担当医師井上 健医師
外科 院長

緩和ケア外来は十分なお時間が必要なため完全予約制です。
相談窓口:地域連携室
TEL:092-322-3437(代表)
外来予約ほか、緩和ケアに関するご相談など、お気軽にお電話下さい。

通所リハビリテーション「イキイキ」

「いきいき」とは?

当院では、介護保険による通所リハビリテーション(デイケア)施設「いきいき」を、併設しています。
この「いきいき」では、リハビリテーションを通じて「年齢を重ねても自分でできること」を大切にし、末永く人生を楽しむためのお手伝いができることを目指しています。
住み慣れた糸島で「いきいき」とした人生を送るために、ぜひご利用下さい!

「いきいき瓦版」

季節毎に「いきいき」で開催した行事等、施設の様子をお知らせする広報誌です。ご一読下さい!
○ 第4号 2013年10月発行 ・・・ 「外出レクリエーション」「口腔内チェック」「バラが咲いた」など。
○ 第3号 2012年 4月発行 ・・・ 「お花見」「口腔機能改善サービス」「スタッフの紹介」など。
○ 第2号 2011年11月発行 ・・・ 「コスモス見物」「消防訓練」「スタッフの紹介」など。
○ 第1号 2011年 8月発行 ・・・ 「リハビリテーション機器の紹介」「お好み焼き」「スタッフの紹介」など。

1日の流れ・サービス内容

選べるコースと豊富なプログラム

「歳をとって少し自信がなくなってきたけど、1日を施設で過ごすのはもったいない!」と思われる方も少なくありません。そのような声にお答えするために、「いきいき」では午前か午後の半日のコースもご用意いたしております。
また、楽しみながら日常的な動作を訓練する場所として、茶道の設備をもった和室や、ミニシアターとして利用できる防音カラオケルームも用意しています。

プログラム一覧

パワー・リハビリテーション

寝た切りになる一つの要因として、普段の活動量が減ることによって起きる「筋力低下」があり、その対策として近年注目されている訓練法が「パワー・リハビリテーション」です。
「いきいき」でもこの訓練法に着目し、高齢者用に設計されたトレーニングマシンを利用して、お一人お一人に適した内容の筋力強化訓練を行います。

「いきいき」の利用手続きについて

ご利用できる方

65歳以上で、「要支援」もしくは「要介護」の認定を受けていらっしゃる方なら、どなたでもご利用可能です。
「井上病院にはかかったことがない。」という方も、かかりつけの主治医や、ご自身を担当されるケアマネージャーなどにご相談下さい。

ご利用の際の負担額

「いきいき」のご利用負担額は、要介護度や利用時間などに応じて、介護保険で定められた負担額となります。
それ以外の費用では、1日コースの場合にご提供するお食事とおやつのための「食事提供費」として、1日あたり460円をご請求させていただきます。

通所リハビリテーション「いきいき」に関するお問い合せ

お問い合せは TEL092-321-3108 / FAX092-321-3107

訪問リハビリテーションとは

通院でのリハビリテーションが難しい場合や住み慣れた場所での暮らしが円滑にできるよう、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が直接ご自宅にお伺いし行うリハビリテーションのことです。
実生活そのものをリハビリテーションと捉え、移動・排泄・入浴・食事などの練習を行い、機能や能力の向上を図るとともに、利用者様のQOL(生活の質)を高めます。
また、介護の方法や福祉用具の利用について提案させていただき、主治医やケアマネージャー等と連携しながら、利用者さまが安心して日常生活を送れるよう支援します。

営業時間 月曜~金曜 9:00~17:00
※土曜、日曜、祝祭日、年末年始は休業
サービス
実施地域
◯糸島市(前原、志摩の一部、二丈の一部)
◯福岡市西区の一部
※詳細はお問い合わせ下さい。
事業所番号
4012019263

井上病院 訪問リハビリテーション
〒819-1104
福岡県糸島市波多江699-1

治験

治験とは?

臨床薬の開発に役立つ「治験」に協力しています。

当院では、各製薬会社が行う治験に協力しております。ご関心のある方は、来院時もしくはお電話、または当ホームページのお問い合せフォーム等から当院スタッフまでお尋ね下さい。

治験についてお知りになりたい方へ

「治験って何だろう?」という疑問や、「治験について詳しく知りたい。」という要望に応えてくれるサイトをご紹介いたします。ぜひご覧になって、治験に関心をお持ちいただければと思います。

厚生労働省「治験」ホームページ
日本医師会 治験推進センター… 一般の方向けの解説ページ
日本製薬工業協会… 薬について-「新薬・治験情報」のページ

当院で行っている治験

現在募集しておりません。

専門外来

乳腺外来について

関心が高まる「乳がん」に専門外来で対応

当院は、女性特有の病気として関心が高まっている「乳がん」や「乳腺症」にも積極的に対応を行っています。早期発見に有効な乳房X線撮影装置『マンモグラフィ』を備え、超音波診断装置を組み合わせた検査を実施。万が一の場合にも、住み慣れた糸島で専門的な治療、手術に望んでいただけるよう体制を整えた「乳腺外来」です。

女性放射線技師によるマンモグラフィ撮影で一層の安心を!

乳腺外来では複数の医師の協力による診断・治療が可能なだけでなく、苦痛を伴うマンモグラフィ撮影を行う放射線技師は女性が担当します。早期発見が一番大切な乳がんの診療において、検査に対して少しでも前向きな気持ちで望んでいただくためには、余計な気遣いがないのが一番ではないでしょうか。撮影技術の向上にも力を入れており、皆様に安心していただき、気軽に乳がん検診を受診してるいただけるよう取り組んでいます。

化学療法室の設置

専用の化学療法室で、落ち着いた気分で治療が受けられます。
薬の特性上、一般の点滴とは所要時間も副作用も異なる化学療法では、落ち着いた気分で治療を受けることが、患者さまにとってはより大切になります。
当院では、少しでも在宅で治療を続ける皆様のお役に立つことができればと環境を整備し、この化学療法を行うための専用の点滴室を設けました。薬剤の取り扱いにも習熟したスタッフが担当し、安全かつ安心な治療を受けていただくことができます。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは?

文字通り、「第2の意見」を貰うこと。

「セカンドオピニオン」の直訳は「第2の意見」。この場合、病気の症状や診断、治療方針などについて、主治医以外の医師から意見を聞くことをさしています。
誰しも、大きな病気をしたり、手術をするかしないかなどで判断しかねることがあるものです。そんな時に、主治医以外の意見も聞いて、選択の幅を広げたり、決意を後押しする知識を得たりすることは、とても有意義なことです。

井上病院は、セカンドオピニオンを推進しています。

私ども井上病院は、患者さまご自身の意思と判断を大切にしたいという想いから、セカンドオピニオンを推進しています。患者さまが自ら治療への不安を打ち消し、前向きに取り組むことは治療を進める上でもとても有意義なことです。他医の意見を参考にしたいという患者さまのお気持ちを大切に考え、最大限の協力をお約束いたします。
また、他の医療機関で治療中の方のご要望にも応えるため、平成25年12月よりセカンドオピニオン外来を開始しました。ご案内のページを用意しておりますので、ご参照下さい。

より良い療養を選択するために、どうぞ遠慮なくご相談下さい。

お電話でのお問い合せは092-322-3437

健康教室

糖尿病教室

糖尿病教室を継続開催しています。

当院では、これまで地域の皆様の健康を守る活動として種々の健康教室を企画してきました。特に生活習慣病の代表格「糖尿病」について理解を深めていただくことを目的に、2006年度より開催しているのが「糖尿病教室」です。

開催につきましては、新着情報をご参照下さい。

参加をご希望の方は、こちらより

お電話でのお問い合せは092-322-3437

出張開催について

当院ではこれまで、地域の公民館等で開催される健康教室へお招きいただいて、糖尿病教室のダイジェスト版と言った内容で出張開催を行ってまいりました。写真は過去の出張開催の模様です。
今後も、地域の皆様の健康を守るお役に立てるよう、ご希望があれば積極的に出張開催を行って行きたいと思いますので、どうぞお気軽にお声をかけて下さい。
(担当:地域連携室)